リサイクルトナー

リサイクルトナー通販業者の選び方

リサイクルトナー通販ショップを6年間運営した店長が明かすリサイクルトナーの選び方
経費削減のためにトナーカートリッジをリサイクルにする企業や自営業者が増えています。販売する側からリサイクルトナーを購入する方へアドバイスしたいと思います。私が店長をしていたリサイクルトナー販売ショップは事情により2011年12月で閉店しておりますが、それまでの経験を生かしリサイクルトナー購入を考えている方へのアドバイスということでこのサイトを立ち上げました。

 

リサイクルトナーは安ければいいのか

答えはノーです。

再生トナー

とにかく一番安いショップで購入することを考えているなら、ちょっと待ってください!

実はリサイクルトナーにも適正価格というものがあります。リサイクルトナーの原価は人件費、そして消耗部材費、輸送料などです。人件費や運送代は多少の違いはあってもほぼ同じであると考えてください。どこの会社でも原価が同じということになれば、どこで価格の差を付けるのか?ということになります。
そこで製造工場では人員やその他の経費を削減することでリサイクルトナーを少しでも安く売ろうとするわけです。でも近年はすさまじいほどにリサイクルトナーの低価格競争が厳しくなってきており、これ以上は経費の削減ができないという状況になっています。そこでどうするかというと部品交換等メンテナンスをせずにトナーだけを詰め替えるという方法をやるわけです。この方法だと格段に安く販売することができます。実は他のショップと比較してあまりにも安い価格で販売しているようなものはメンテナンスをせずにトナーのみ詰め替えている製品の可能性が高いので注意してください。また、最近は海外で作った粗悪品を販売している業者もいますので、安いからといってすぐに手を出すのは危険です。あくまでも他のショップとよく比較してあまりにも値段が安いものは購入を控えた方が無難でしょう。

 

信頼できるショップとは

リサイクルトナーの販売店はたくさんあってどこで買ったらいいのか迷ってしまいます。「リサイクルトナー評判」「リサイクルトナー口コミ」などと検索しても信頼できる情報はあまり得られないサイトが多いです。そのようなわけでここではインターネットで買う場合の信頼できるショップの見極め方を紹介します。

 

まずはサイトを見て一番上の部分に注目してください、ほとんどのショップのサイトはこの上の部分に自社のロゴや連絡先などを入れています。ここに電話番号がしっかりと大きく掲載されているかどうか見てください。ここにきちんと電話番号が記載されているということはいつでも電話しても大丈夫ですよ〜というそのショップの意思表示になります。それだけそのショップは自社製品の品質に自信を持っており、お客様のサポートにも力を入れているということになります。さらに電話番号がフリーダイヤルであればさらによいです。

 

次に、ここはしっかり見てほしいのですが、商品の保証がはっきりと分かりやすく記載されているかどうか!
万一不具合がおきたときにはきちんと対応してくるのかどうか?
保証期間はどれくらいか?
昔は1年保証が普通だったのですが、リサイクルトナーの場合は2,3本まとめて購入したりして1年以上使い続けることが多々あります。1年保証の場合、購入して1年経過して不具合があっても対処してもらえません。なので保証期間は長いほどよいです。目安としては最低でも保証期間が1年以上はほしいところです。

 

もう一つはリサイクルトナーが原因でプリンターが故障した場合の修理費の負担についてはっきりと明記されているか!
この部分は絶対に確認してください。

 

そしてサイトに販売者やサポートの顔写真が載っているか?
これも最初の部分につながりますが、顔を出すということは自社のサービスに自信を持っている証拠です。買う方としても顔が出ていると安心しますしね。

 

最後にこれはさほど気にしなくても良いですが、サイトの一番下にある「Copyright@ ****」
Copyrigt@の後ろ部分には西暦が表示されます。この年数が古ければ古いほどそのサイトが古から運営していることになります。長い間続けているということはそれだけお客さんから支持されていて固定客がたくさんいるということになります。そしていろんな経験を積んでいるのでリサイクルトナーには付き物のトラブル対策のノウハウもしっかりしているということになります。

 

すべてを満たすショップは簡単に見つからない場合もあるでしょうが、よりこれに近いショップ選びをされることをオススメします。

 

 

 

品質は心配ないのか

ネット通販は販売者もお客さんもお互いの顔が見えない分不安の部分もあることでしょう。特にリサイクルトナーのように不良品やクレーム品が多い商品についてはなおさらです。
実際私が店長をしていたときにもクレームが絶えませんでした。100本のうちの5本くらいはクレームとして返品されてきます。これはリサイクルトナーの性質上は仕方のないことです。不良品に当たるリスクもあるということを念頭に置いていただきたいと思います。なので異常があった場合にすぐに代替え品を送ってくれたり、あるいは応急処置のアドバイスしてくれるアフターサポートの存在がすごく大切になります。

 

また時々リサイクルトナーを使ってプリンターが故障したということを耳にします。事実あることはあるのですが、その確率としてはかなり低くなります。(但し激安の粗悪品を買った場合はそのリスクは高くなりますので注意してください)信頼できる販売店で購入したものであればプリンター故障のリスクについてはあまり考えなくてもよいでしょうが、製品の性質上は「100%ないです」と言い切れません。ですから販売ショップでプリンター故障の際の対応がきちんと明記されているかどうかも確認しましょう。そしてわからないことは電話やメールで遠慮なく問い合わせてみましょう。信頼できる業者であればきちんと納得のいく説明をしてくれます。

 

PS
リサイクルトナーに関しては様々な無責任とも言える情報があふれておりそういった情報がリサイクルトナーの評判を悪くしていると思われます。ですが、多くの業者さんはユーザー様によい商品を届けようと真面目に真剣に仕事をしていることも知っていただきたいと思います。

 

トナー

 

 

ワンポイントアドバイス

品質が向上しているリサイクルトナーではありますが、ごくまれに不具合が起こることがあります。ただそういったトラブルがあったも評判のいい信頼できる通販店であればすぐに代替品を送ってくれます。ただ代替品が届くのは早くても翌日ですし地域によっては配送時間の関係上2〜3日かかってしまうこともあります。そのような場合は届くまでプリンターが使えないということになります。なので可能であれば予備のトナーを1本用意しておくことがベターでしょう、でもそうもいかない場合は、使用済みになったトナーカートリッジをすぐに返却するのではなく、1ヶ月くらい保管しておくとよいでしょう。もし購入したリサイクルトナーが万が一不具合が起きた場合は、その使用済みを使うことで印刷することができるのです。というのはプリンターのトナー切れが表示されてもしばらくは印刷できますので、使用済みトナーカートリッジ本体をゆっくりと3,4回前後に振ってあげることで数十枚程度であれば印刷されますので、万一の時にはお試しください。

 

安心対応。高品質なトナーが業界最長クラスの10年保証!リサイクルトナードットコム